Haruki Higashi

1978 年熊本生まれ。2004 年にデザイン会社LOWORKS INC. を設立。
自身のイラストのプロモーションのために制作したインタラクティブコンテンツが文化庁メディア芸術祭など国内外の多くの賞を受賞する。 その後もNIKE、WWF,Marlboro, McDonald's など外資系大手クライアントのクリエイティブワークを始め、SPACE SHOWER TV番組アニメーションや、木村カエラ、HIFANA 等、メジャーやアンダーグラウンド関わらず、個性的なアーティストのサイトデザインや制作まで幅広く手掛け、アートディレクター、イラストレーター、グラフィックデザイナー、 インタラクティブデザイナーとして活躍する。
その傍ら、一種の研究の場として、自発的な制作や作家活動も積極的に行っており、過去には海外アーティストと共同でシルクスクリーンマシーンを開発し、美術館などで販売し完売、 NYやスペインの展示にも参加している。また多くの社会や人と繋がることを重要だと考え、自らデジタルコンテンツの制作や、Howltという自身のブランドクリエイションを行うなど活動は多義に渡る。

UPDATE: 07.Feb.17

Haruki Higashi

Born in 1978 in Kumamoto, Japan. Founded the LOWORKS INC. design company in 2004. The interactive content he has produced to promote his own illustrations has received numerous awards at home and abroad, including from the Japan Media Arts Festival. In the following years he started doing creative work for important clients abroad, including Nike, WWF, Marlboro, and McDonald's, and for the TV anime Space Shower. He has also provided unique website design for artists both major and independent such as Kaela Kimura and HIFANA. He has been active as an art director, an illustrator, a graphic designer, and as a designer for interactive media.

At the same time, he has continued to pursue his own creative projects and activities, and in 2004 he worked with the French studio Elshopo to develop a silk screen machine. It is sold made-to- order at art museums and similar locations. In 2008, he worked as supervisor on the "CAFE + SPACE BEYOND PROJECT," designing the graphics for the exterior walls in addition to the shop logo and the signs inside. His iPhone case design, with more than 5,000 sold through select stores, and the popularity of his collaborations with well-known apparel brands "BARNEYS NEWYORK" and "And A," have also brought attention to his work. Since 2012, he devoted himself to the production of canvases, plastic arts, and picture books.

Statement

モノづくりをする上で、創造性を”社会や人の幸福に寄与しうる思考である”というふうに位置付けており、創造性こそが最も重要だと考えています。 日々、モノづくりを通じて、人の幸福に寄与する新しい表現を探求しています。ニュートンは数学を探求し、数々の新しい表現を生み出し、現代社会においてもなお、社会の幸福に寄与しています。アーティストとはそれを絵画に置き変えた絵学者のようなもので、作品づくりは一種の研究だと捉えています。社会や日常の風景の中から新しい問題やテーマを発見し、そのテーマを元に、絵画と人の知識や感覚が、相互に与える影響について探求し、アートの可能性として新たな表現を提案し、社会の幸福に寄与すること。それを一つの目的とし、活動しています。
それと同時により多くの社会や人と繋がることを重要だと考え、自らデジタルコンテンツの制作や、ブランドクリエイションを行い、より多くの受け手とキャッチボールできる仕組みの構築を模索しています。この仕組みを実践し続けることを一つのアーティスト活動だと捉えています。便利なことが幸福かどうかは分かりませんが、幸福に繋がる何かを見つけるための痕跡を、作品として発表しています。

AWARD

Japan Media Arts Festival,
Good design awards,
Yahoo Internet creative award,
Tokyo Interactive ad awards,
Asia's Creative Advertising Festival and Awards,
BDA WORLD GOLD AWARDS,
theFWA Awards,
Netdiver Best of the Year,
Moluvs Pick Award,
Internet TINY Award,
WellVetted,
CSS Design awards, awwwards, etc...

EXHIBITION

2017
REPETITION / The Artcomplex Center, Tokyo
2015
Gaya art / Asagaya, Tokyo
2009
Graniph Japanese Designers project / graniph Harajuku Gallery, Tokyo
2008
Elshopo x LOWORKS Ehibition / Koenji, Tokyo
2006
JPG2 EXhibition / RAS GalleryDoctor, Barcelona Spain
2006
The new apartment Exhibition / NEW YORK
topbg_middlebottom